Flow of Housing Building家づくりの流れ

家づくりの流れ

家づくりに情熱を持ったプロフェッショナルたちが、
1棟1棟丹精を込めて造り上げていきます。

地盤調査・地盤改良
01

地盤調査・地盤改良

AHCは地盤品質証明書を取得しています。地盤の性質や強度の入念な調査を行い、必要に応じて地盤の強度を高め安定した地盤に改良します。AHCは安心できる地盤だからこそ、お客様により良い建物のご提案ができるのです。

地盤品質証明書
基礎配筋
02

基礎配筋

基礎の要となる重要な作業です。捨てコンクリートに記された墨を頼りに、加工した鉄筋が組まれていきます。

基礎完成
03

基礎完成

必要な工程を経て基礎が完成。建築士によるプランももちろんですが、そのプランを正確に反映できる熟練の職人達の腕がAHCの新築住宅を支えています。

土台工事
04

土台工事

完成した基礎に構造部材が搬入され土台工事が開始されます。基礎と土台の間に「基礎パッキン」を設置し床下の換気を促します。この上に土台が敷かれていきます。

上棟工事
05

上棟工事

柱の建て込みが開始されます。AHCでは在来工法が用いられ、経験豊富な大工達によってスピーディで正確な作業が続けられていきます。

木工事
06

木工事

仮筋交いから本来の筋交いに置き換えられ、CADで図面化された筋交いと各柱が補強金具で固定されます。

AHCでは補強金具に「ホールダウン金物」や「火打ち金物」を使用し災害に備えています。

中間検査
07

中間検査

ここで第三者機関の検査員による「中間検査」が行われます。様々な検査項目があり、問題なければ合格証が発行されます。

外壁工事
08

外壁工事

「通気金具」が所定の位置に設置され、次にサイディング材をはめ込み固定します。

構造補強材には定評のある耐力面材「ダイライト」を使用。在来工法との組み合わせにより、より高い耐震性を誇ります。

断熱材
09

断熱材

外壁工事と同時に住宅の中では断熱材が充填されます。

AHCは泡断熱を使用し、「1年中快適な住まい」を実現しています。

外部仕上げ
10

外部仕上げ

外壁の仕上げ工事やサッシの取付工事に入り、仕上げを行います。

内装工事
11

内装工事

せっこうボードを施すなど内部の地下工事を実施し、その後室内壁や建具などインテリアを仕上げていきます。

仕上げ・外構工事
12

仕上げ・外構工事

外では外構工事が行われます。表面を整え美しく舗装、整備されます。

完成

物件が完成すると第三者機関による「完了検査」が行われます。